月別アーカイブ: 2017年10月

アトピー整体⑧ 

これからアトピー改善に必要な健康法や食事法などの情報をお伝えしていきますので、宜しくお願い致します。

アトピーが改善できる理由  ~体が変わる過程~

 

 

※アトピー整体をはじめて2ヶ月(3回の施術後)。現在加療中。

なぜ?アトピーが、当院の根治整体療法整体・鍼灸治療で改善していくのか?

ホームページ限定特典

根治整体療法 15,000円 (初検料込み)のところを、ホームページをご覧になってご予約して下さった方には、、、

しかも、、1日1名様限定ですが

ステロイドについての考え方」

~中断よりも賢いやめ方

1.「ステロイドとは」

皮膚に炎症があると、ステロイドを処方されることが多いです。一時の使用であればよいのですが、使い続けることで、ステロイドの副作用が如実に体へ現れてきます。これはステロイドを使用したことではなく、ステロイドを使用し続けた積み重ねによるものなのです。

勘違いしやすいのは、ステロイドは「悪」だという見方です。炎症が強くてかゆみのために睡眠が妨げられる、かゆみを制御できない小児が掻き毟り続けるために皮膚が掻破され、「とびひ」になることは稀ではありません。掻き毟ることによる2次的な被害のほうが、アトピーの治癒を遅らせてしまいます。ステロイドで症状をコントローするのではなく、ステロイドをいかにコントロールするかが大切です。そのためにも、ステロイドに効用をしっかりと知る必要があります。

 

2.「ステロイドの効果」

かゆみは、炎症反応が起こることで、ヒスタミンなどの働きにより、引き起こされます。ステロイドには、免疫を抑制することで、この炎症反応を抑える効果があります。

ステロイドにはグレードがあり、使用期間をはじめとする頻度や容量などの使用方法が異なってきます。

 

3.「「ステロイドの使用方法」

ステロイドは、免疫を抑制して炎症反応を抑えます。ですので、かゆみが起きた原因に対処しているわけではありません。

ステロイドの使いかたは、かゆければ塗ればよいわけではないので、すべてステロイド便りにしてステロイドへ依存することは避けるようにしましょう。かゆみ自体には保湿が効果的です。もし、ステロイドを使用する際には、お風呂上がりにスキンケアを併用して使用することをお勧めいたします。保湿をするとともに、塗るという行為が加わります。痒いときに掻き毟るという選択肢しかないので、つい、掻き毟ることしかできなくなるのです。スキンケアと併用することで、塗るとらくになるという行為の変換が可能になります。

 

4.「ステロイドから卒業する」

ステロイドから卒業するためには、ステロイドの頻度を徐々に減らす必要があります。初めはステロイドを下地のように薄く塗り、その上にスキンケアの保湿をしましょう。その後は、スキンケアそしてからステロイドを塗るように順序を変えます。そうしていくうちに徐々にステロイドの量を減らすこととで、フェードアウトしていくことが可能です。子供であれば、自分自身で塗らせるようにしましょう。歯磨きと同じで、初めは一緒にやり方を教えて塗る行為へ慣れさせてください。そして徐々に痒いところへスキンケアを自分の手でできるようにしていましょう。痒いときに掻き毟る意外の選択肢があるだけで、肌の状態は随分と変わってきます。

 

「産後の骨盤矯正」や「肩こり」・「慢性腰痛」・「ヘルニア」・「坐骨神経痛」にも根治整体療法を!!

↓↓お客様のお喜びの声↓↓

伊丹市の整体とエステならTalent
http://www.talent-itami.com/
072-772-5535

アトピー整体⑦

これからアトピー改善に必要な健康法や食事法などの情報をお伝えしていきますので、宜しくお願い致します。

アトピーが改善できる理由  ~体が変わる過程~

 

 

※アトピー整体をはじめて2ヶ月(3回の施術後)。現在加療中。

なぜ?アトピーが、当院の根治整体療法整体・鍼灸治療で改善していくのか? 

ホームページ限定特典

根治整体療法 15,000円 (初検料込み)のところを、ホームページをご覧になってご予約して下さった方には、、、

しかも、、1日1名様限定ですが

自律神経免疫の関わり」

~アトピーに季節性がある理由~

1.自律神経のこと

 人間の体は約60兆個もの細胞でできています。人間は生きていくためにエネルギーを使っています。このエネルギーは植物のように自分自身では生み出すことが出来ないので、栄養を摂取して酸素と結びつけることでエネルギーを作り出しています。この作用を「異化作用」といいます。そのエネルギーから脂質やタンパク質など「生命活動に必要な物質をつくることを「同化作用」といいます。人間の体の中で多くの細胞がこれらの作用を行っています。

 

2.自律神経の役割

体中の様々な細胞が、それぞれ以下作用や同化作用を行う委細には、それらの取りまとめをする機能が必要となります。これが自律神経の役割で、栄養を摂取しエネルギーを取り出す作用を交感神経が取りまとめを行い、エネルギーを体の養分とし排泄する同化作用を副交感神経が取りまとめて行っています。つまり、細胞の多い生物の書記官は自律神経によって調整されています。その調整は、大きく分けて「エネルギーの消費(交感神経)」、「エネルギーの蓄積(副交感神経)」という活動と連動しているといってよいでしょう。

 

3.自律神経の日内リズム

太陽が昇っている時間帯、私たちは仕事をしたり、学校に行ったりして様々な活動を行っています。こんな状態では、交感神経が刺激されて、脈拍を増やしたり、血圧を上げたり、血糖値を上げたりして活動しています。

昼に緊張した状態が長く続けば、体に負担がかかってしまいます。そこで、夜は副交感神経が刺激され、アセチルコリン多くが分泌されることで脈拍、血圧、血糖値を下げ、体をリラックスした休息の状態へと導きます。

日内リズムと自律神経のネットワークは、全身の細胞へほとんど例外なく分布しており、体全体に影響しています。免疫系等にも関係があり、自律神経のバランスが崩れることで、免疫機能もうまく働かなくなり、体には様々な弊害が生まれます

 

4.自律神経と免疫

免疫細胞には白血球の顆粒球とリンパ球があります。リンパ球は自律神経の副交感神経が優位になった時に働きます。顆粒球は交感神経が優位になった時に働きます。顆粒球は人間の体を外敵から守る免疫細胞で、外部から侵入してきた細菌を貪食します。その際に、酵素や活性酸素が放出されますが、それらが増えすぎると自身の粘膜などの組織までも破壊してしまい炎症などが起こります。交感神経の緊張が続き、顆粒球が増えすぎるとそのような状態に陥りやすくなるのです。

リンパ球は、

ウィルスや花粉、ダニなど細菌よりも小さい異物を処理します。副交感神経が優位になると増えますが、増えすぎると過剰なアレルギー反応を起こします。

 

5.日内リズムを整える

自律神経のバランス整えて、免疫機能を調節するためには、自律神経の日内リズムを崩さない生活を送ることです。日中の間は過労しすぎないように活動し、よるはしっかり睡眠をとり休息することが基本です。

体を温めることも重要です。体温にも日内リズムがあります。体の中にある感覚を通じて、自律神経の働きを正常に保つことも有効な手段の一つです。

 

「産後の骨盤矯正」や「肩こり」・「慢性腰痛」・「ヘルニア」・「坐骨神経痛」にも根治整体療法を!!

↓↓お客様のお喜びの声↓↓

 

 

伊丹市の整体とエステならTalent
http://www.talent-itami.com/
072-772-5535

アトピー整体⑥ 

これからアトピー改善に必要な健康法や食事法などの情報をお伝えしていきますので、宜しくお願い致します。

◎アトピーが改善できる理由  ~体が変わる過程~

 

 

※アトピー整体をはじめて2ヶ月(3回の施術後)。現在加療中。

なぜ?アトピーが当院の根治整体療法整体・鍼灸治療で改善していくのか?

ホームページ限定特典

根治整体療法 15,000円 (初検料込み)のところを、ホームページをご覧になってご予約して下さった方には、、、

しかも、、1日1名様限定ですが

 

 

睡眠自律神経を整えるコツ」

~睡眠の質を上げる「タイミング」と「リズム」~

 

1.「睡眠の役割」

人間は、水さえあれば1週間は食事をとらなくても生きていけます。ですが、1週間睡眠をとらないでいることはできません。睡眠とは、それほど体にとって大切なことなのです。

睡眠の働き①

【バランスを整える】

体には自律神経というシステムがあります。これは交感神経と副交感神経の2つに分類されます。自律神経は、昼間には交感神経が優位になり、夜は副交感神経が優位になることで、体の内臓をはじめとする諸機関のバランスと保っています。気温や気圧のほか太陽の光などによって、交感神経と副交感神経のバランスが調整されています。太陽光や睡眠もこの人です。一定の環境(刺激)が加わることで自律神経は日内リズムを整えます。環境の変化が著しい季節の変わり目に体調を崩しやすいのは、この自律神経の乱れが大きくかかわってくるのです。

睡眠の働き②

【体を作る】

内臓は、寝ているときに働きやすい環境になります。食事で得た栄養をもとに、体の細胞の生まれ変わりが活発になります。特に成長ホルモンをはじめとする生理活性物質が分泌されることで、その働きが促されます。

新しい細胞が作られるときには、古い細胞や不要なものを排除働きも起こります。これが代謝であり不要なものを排除する働きを「解毒」といいます。アトピーの反応は解毒です。睡眠不足になると内臓の働きが鈍くなり、アトピー症状の解毒作用に頼ってしまい、肌の発赤やかゆみが悪化しやすくなります。

睡眠の働き③

【記憶の整理】

現代社会は情報化社会と言われるように、沢山の情報であふれかえっています。そして、私たちは日々沢山の情報を目にしています。

その情報の格納庫が脳ですが、その情報を整理しているのが睡眠時間なのです。

睡眠は膨大な情報を整理して日々の生活に仕えるようにしてくれているのです。

寝ているときには潜在意識が働きやすくなります。寝ているときに掻き毟ってしまうこともあります。これは日中に受けたストレスによって、睡眠中に思い返すことで体が反応しているのです。

 

2.「体内リズム」

体には一定のリズムを刻んでいる「体内時計」と呼ばれているシステムがあります。25時間が1サイクルになっているのですが、太陽光と共にリセットされ24時間で生活することに支障がないようになっています。ですので、太陽光を浴びない部環境にいると、徐々に1日24時間のサイクルがズレていきます。

また、このサイクルの中には、内臓諸機関が働きやすい時間帯があります。例えば、体の発育を促す成長ホルモンは、22時~2時の間に分泌されやすいと言われています。そのため、その時間帯に睡眠に入っていることが望ましいとされます。内臓が働きやすい時間帯、内臓が休む時間帯、体から不要なものを排泄する時間帯など、体内リズムに応じた生理現象が起こっています。そのためある程度決まった時間に睡眠を取ることが、体内環境を整うコツになります。

 

「産後の骨盤矯正」や「肩こり」・「慢性腰痛」・「ヘルニア」・「坐骨神経痛」にも根治整体療法を!!

↓↓お客様のお喜びの声↓↓

伊丹市の整体とエステならTalent
http://www.talent-itami.com/
072-772-5535

アトピー整体⑤ 

これからアトピー改善に必要な健康法や食事法などの情報をお伝えしていきますので、宜しくお願い致します。

◎アトピーが改善できる理由  ~体が変わる過程~

 

 

※アトピー整体をはじめて2ヶ月(3回の施術後)。現在加療中。

なぜ?アトピーが、当院の根治整体療法整体・鍼灸治療で改善していくのか? 

ホームページ限定特典

根治整体療法 15,000円 (初検料込み)のところを、ホームページをご覧になってご予約して下さった方には、、、

しかも、、1日1名様限定ですが

『食べたもので体を壊れていく理由』

~食事はにもにもなる~

 

1.「毒」がもたらす作用

食事の中には、保存料をはじめとする人の手によって操作された添加物が多く含まれています。これらの添加物は、食べ物を食べる以上、避けては通れません。ですので、必要以上に体にとって不要なものを入れないこと、いれても体でできるだけ処理して排泄できることが大切になってきます。

添加物や砂糖をはじめとする白物食品は体液を酸性に傾けます

体にとって不要なものを入れると、体は酸性へ傾くストレスがかかります。この酸性化ストレスが加わり続けることでアトピーを初めとする、様々な病を引き起こしてしまうのです。

 

2.体液の恒常性

体の中は7割が水分でできています。この水分で特に血液は弱アルカリ性に保たれています。体には、体液の恒常性といい、生きていくためにこの弱アルカリ性の性質を一定に保とうとする働きを持っています。この働きは、体の生理物質以外にも、栄養素を摂取することで、体液を弱アルカリ性に保つことを補助することができます。

 

3.「恒常性」に必要な栄養素

体の水分である体液を弱アルカリ性に保つ役割を担っているのがカルシウムイオンです。白砂糖は、強酸性物質です。コーラを飲み過ぎて歯が解けるのは、炭酸ではなく、コーラに含まれている糖分に問題があるのです。

 

4.「酸性化」と「活性酸素」

体は生きるためにエネルギーを使います。このエネルギーは食べ物から摂取した栄養と酸素が結び付くことで得られます。酸素が結び付くことを酸化といいます。この酸化する際に活性酸素という物質も一緒に発生します。この活性酸素も体の体液に対して酸性ストレスを与えます。アトピーのように炎症が起きているときは、体の代謝が活発なため、活性酸素が多く発生します。これらの活性酸素が増えすぎないように体にはSODという抗酸化の酵素があります。しかし、炎症が続くとSODでも賄いきれなくなります。そこで抗酸化効果のある栄養素で補う必要があります。代表的なのがβカロチンをはじめとするビタミン類です。これらが活性酸素から細胞を守ってくれるので、体の酸化を防止することができます。ビタミンAには肌を潤おす効果もあるので、ビタミンAの前駆体であるβーカロチンを摂取することは、アトピー肌にとって一石二鳥の効果があるのです。

 

5.「腸内環境と免疫」

腸内には免疫と関わり合いが深い臓器です。腸内環境といえば善玉菌と悪玉菌が有名でしょう。ヨーグルトなどを食べる意味合いは、善玉菌を生きたまま腸へ送り届けることで、悪玉菌の数を減らすことです。腸内環境は限られたスペースです。ですので、善玉菌が増えれば悪玉菌の数は減る、シーソーのような関係が起こっています。生きたまま送る意味はここにあります。同じように免疫グロブリンと呼ばれる物質も同じような関係があります。炎症が起きてかゆみのもとになるヒスタミンを分泌するのはIgEとよばれる抗体です。これと対をなすのがIgAです、これらは多糖体と呼ばれる栄養素を摂取することでIgAの働きを活性化させ、IgE抗体の数を減らすことができます。その結果、過剰なアレルギー反応を抑えることができるのです。

体の環境に応じて摂る栄養を意識するだけで、普段の食事が治療になります。あなたの体に、いらないものと必要なものは分別できていますか?

 

●「産後の骨盤矯正」や「肩こり」・「慢性腰痛」・「ヘルニア」・「坐骨神経痛」にも根治整体療法を!!

↓↓お客様のお喜びの声↓↓

伊丹市の整体とエステならTalent
http://www.talent-itami.com/
072-772-5535

アトピー整体④ 

これからアトピー改善に必要な健康法や食事法などの情報をお伝えしていきますので、宜しくお願い致します。

◎アトピーが改善できる理由  ~体が変わる過程~

 

 

※アトピー整体をはじめて2ヶ月(3回の施術後)。現在加療中。

なぜ?アトピーが、当院の根治整体療法整体・鍼灸治療で改善していくのか? 

ホームページ限定特典

根治整体療法 15,000円 (初検料込み)のところを、ホームページをご覧になってご予約して下さった方には、、、

しかも、、1日1名様限定ですが

毎日の食事治療になる2つのポイント

「何を食べる」と「どのように食べる」

 

1.「食欲と空腹感」

食を食べるのが当たり前になっている現代社会。いつの間にか食べたい時に、食べたいものを、好きなだけ食べるようになっています。人間は本来空腹感を感じて食事をするものです。しかし、食べたいという欲求によって食べると、内臓をはじめとする自律神経が乱れてくるのです。そしてその習慣から引き起こされた弊害が生活習慣病です。

 

2.「時短の弊害」

「時短」という言葉を合言葉に、食生活では「早い」「安い」「うまい」の3拍子ファーストフードが広まりました。この利便性の代償として、「メタボ」と呼ばれる「生活習慣病」も増加しています。ただしメタボは生活習慣病のほんの一部です。毎日の積み重ねから引き起こされる生活習慣病は、アトピーを初めとする、不妊症、うつ症状、副腎疲労など、多く人へファーストフードと同じくらい広まり浸透しています。健康を害したのは、「食べ物」だけでなく「食べ方」も影響しているのです。

 

3.「薬害」に次ぐ「商害」

鶴の一声でスーパーの食材が一斉に品切れになる異常事態も起こり、健康ブームともいえる情報の乱用が始まりました。流行り廃りは一時であり、いつしか健康志向から商売のためにテレビの内容を予測してスーパーの食材も配置換えさえするようになる異常事態が起こりました。人は物珍しいものに飛びつき、劇的な効果を求めます。しかし、このような健康に対する価値観の変容こそが病を引き起こしているのです。「薬害」ともいえる「商害」によって多くの人が陰で苦しんでいます。「偏食志向」が蔓延したきっかけにもなっています。

 

4.「漢方も薬と同じ」

漢方は副作用がないなんてありえません。食養の中では上品・中品・下品とランク分けされています。そのなかで漢方は下品に分類されます。上品とは日ごろから食べ続けて、体にも良い影響を与える食品。下品に行くほど体に対する作用が高くなり、病などに対して一時使用するものとなります。つまり、漢方であっても、体に対して良くない作用があり、飲み続けるものでもないのです。食養とは、本来食べるもののことを指してはいません。食べ物、調理の仕方、食事の仕方のすべてを含み食養です。食べ続けて体が健康になるものは、その食べ方にも体の良薬になる秘訣があるのです。食養は養生法の一つです。

 

5.食事は毒にもなる

食べ方を無視して、好きなものを好きなだけ食べる生活を続けていくと、日本の3大疾患である「癌」「心疾患」「血管疾患」を患いやすくなります。

食事は治療の一部です。「何を食べるか」「どのように食べるか」によって体には良くも悪くも影響していきます。毎日のほんの少しの積み重ねが、体を作っています。小さな変化は気が付きにくいけれど、その小さな変化こそ積み重ねやすいものです。毒も薬ももとは同じです。どうせ飲むなら良薬を飲みましょう。

 

食養のポイント

・空腹感を感じてから食べる

・食べ物をよく噛む

・バランスよく食べる

・ながら食いはしない

ちょっとしたことでも、癖になっていると、食べたものが胃腸へ負担をかけます。食事も運動と同じです。内臓の具合をみて食べ方や食べるものを選ばないと、体は悲鳴を上げます。食事一つで毒にも薬にもなるのです。

 

 「産後の骨盤矯正」や「肩こり」・「慢性腰痛」・「ヘルニア」・「坐骨神経痛」にも根治整体療法を!!

↓↓お客様のお喜びの声↓↓

 

伊丹市の整体とエステならTalent
http://www.talent-itami.com/
072-772-5535

アトピー整体治療③ 

これからアトピー改善に必要な健康法や食事法などの情報をお伝えしていきますので、宜しくお願い致します。

◎アトピーが改善できる理由  ~体が変わる過程~

 

 

※アトピー整体をはじめ2ヶ月(3回の施術)。現在加療中。

なぜ?アトピーが、当院の根治整体療法整体・鍼灸治療で改善していくのか?  ホームページ限定特典

根治整体療法 15,000円 (初検料込み)のところを、ホームページをご覧になってご予約して下さった方には、、、

しかも、、1日1名様限定ですが

「スキンケアが必要な理由!無駄なケアがを傷める」

~必要なものを・必要なだけ・必要な時に施す!スキンケアはお肌の環境づくり~

1.スキンケアはみんな独学?

女の子はお化粧をするころから、男の子は、ニキビができやすくなるころからがスキンケアを始めるきっかけになっていないでしょうか?

問題なのは、ただなんとなくスキンケアをやっていること。それだけで済めばいいのですが、間違ったスキンケアをしていると、かえってお肌を傷めてしまうこともあります。それがきっかけで乾燥しやすくなったり、肌荒れの原因にもなったりします。スキンケアを学ぶことなく、独学でされている方が多いのが事実です。

2.スキンケアの始まりはいつ?

子供は10月10日の月日を経て、母親のおなかから生まれてきます。しかし、本来は後1年くらい母体の中で過ごすことが理想です。生まれてすぐに歩くことができない動物は、人間位です。人間は、体の割に他の動物に比べて脳が大きいため、産道を通ることがきつくなってしまいます。ですので、早期に生まれてしまいます。そのため、肌の成長をかんがえると、産後1年は羊水と同じ環境を与える必要があります。スキンケアの始まりは出産と共に。このスキンケアがおざなりになってしまうと、肌は乾燥しやすくなり、外の環境になじめず肌を傷めやすくなります。

 

3.スキンケアの基本は「清潔」と「保湿」

どんな年齢でもスキンケアの基本は「清潔」と「保湿」です。さらに、この順番も大切です。肌が汚いのに保湿のみしていても、雑菌の繁殖を手伝っているにすぎません。清潔と保湿のどちらが欠けても良い肌環境は整いません。

4.「清潔」洗い方が重要

化粧品には、目元用、口元用と部位によって使い分ける人がいます。細かく見ればそのような使い分けもありますが、大切なのは肌の状態に応じて、スキンケアの商品を使い分けることです。毎日同じケアをしていればいいわけではありません。それは、毎日の肌の状態が違うからです。

清潔にする際に注意することは、肌へ必要以上に刺激を与えないことです。ただでさえ敏感な肌に、スポンジなどでゴシゴシと垢をこするように洗ってしまっては、ダメージでしかありません。この刺激を繰り返すと、皮膚は厚くなり、色素沈着もしやすくなります。肌を洗うときは石鹸を泡立てて、その泡に汚れを吸着させて落としていきます。「何を使って洗う」よりも、「どのように洗う」のほうが大切です。界面活性剤などが入っているボディーソープよりも、できるだけ安い固形石鹸のほうが余計なものも入っておらず安全に使用できるのも、低刺激の方が体にいいからです。

5.「汗や皮脂は天然素材

本来、体には一定の状態を保つシステムを備えています。それは皮膚であっても同じです。表皮には、不感蒸散といって目に見えないくらいのこまかな汗が肌から常に出ています。汗は天然のローションです。この汗があることで、肌が必要以上に乾燥すること

もなく過ごすことができているのです。汗をかくことで、肌に潤いを与えて乾燥から守
っています。それだけでなく、肌の柔軟性を保ち、ハリはつやなども与え美容にもよいのです。

また、この汗が皮脂と混ざることで天然のクリームになります。クリームは、肌の潤いを保つ「保水」効果もあります。よく洗顔をし過ぎることで肌が突っ張るのは、この皮脂を落とし過ぎるために起きているのです。

スキンケアの学びは使い分け!必要なケアに適したものを選ぶ!~

6.「保湿」潤いを保つこと

ローションをよく保湿と書く人がいますが、正確には「補水」です。アトピー肌の場合は、肌に潤いが少ないです。そのため、まずは外部から補ってあげる必要があります。その後、自分自身でも汗をかけるようになれば、肌の湿気を保つことになります。乾燥しているときは、皮膚も乾燥している環境に適応しようとします。表皮には隙間ができるので、その下の細胞は水分を外に出し過ぎないようにギュッと縮まってしまいます。その結果、血液の循環も余計に悪くなるので、悪循環を引き起こします。そこで外から水分を補ってあげることで本来の肌のあるべき環境を作って、この悪循環を断ち切ります。自ら汗をかけるようになれば、ローションを使用する頻度も減らしていきます。「補水」から「保湿」へ目的を転換させます。スキンケアは、いつまでも使い続けるものではなく、自分自身で環境を作れるようになれば、自然と卒業できます。これを前提に使っていないと、スキンケア商品に依存していまします。

7.「保水」は蓋を閉める

肌へ水分を補った後は、その水分がしっかりと肌へ保てるように、クリームを塗っていきます。このクリームは体の中では皮脂に当たります。大切なのはローションがしっかりと肌へ浸透した後にクリームを塗るということ。慌てて塗ってしまうと、ローションが肌へ浸透する前に、クリームと混ざってしまい補水もままなりません。クリームを塗る際には、良く手になじませて薄く延ばすように使用します。油分が含まれていますので良く伸びるのですが、摩擦が起こらないように、肌が熱くならない程度に伸ばしてください。叩いたり、こすったりするとそれは、肌に刺激になってしまいますのでご注意ください。

~「スキンケアは肌の状態に応じて使い分ける」毎日同じものを使っているのでは、大きな勘違い~

8.「保護」は皮膚の変わり

掻き毟って肌に傷ができると、ローションを塗る際にしみてしまいます。この場合は、油分を含むクリームかオイル系のスキンケア商品が適しています。皮膚がないために乾燥だけでなく肌が菌の繁殖の場になってしまいすますので、オイル系のスキンケアで肌を保護していきます。

9.「依存から、卒業へ」

スキンケアはあくまで体にとって必要な環境を整えているにすぎません。定時にするものでもなく、いつまでも使い続けるものでもありません。体が汗や皮脂など必要なものを分泌できるようになれば、使用頻度や量は自然と減っていきます。大切なのは肌の状態に気づけること。習慣になると、いつも通りのつもりで同じ量を同じだけ使いがちです。スキンケアとスキンチェックはセットです。肌の状態に応じて使い分けてください。肌は体の中で最も外側にある臓器です。体の声をつねに聞き取るつもりでケアをしていきましょう。

 

 産後の骨盤矯正や肩こり・慢性腰痛、ヘルニア・坐骨神経痛に根治整体療法を!!

↓↓お客様のお喜びの声↓↓

 

 

伊丹市の整体とエステならTalent
http://www.talent-itami.com/
072-772-5535

アトピー整体治療②   

これからアトピー改善に必要な健康法や食事法などの情報をお伝えしていきますので、宜しくお願い致します。

◎アトピーが改善できる理由  ~体が変わる過程~

 

 

※アトピー整体をはじめ2ヶ月(3回の施術)。現在加療中。

なぜ?アトピーが、当院の根治整体療法整体・鍼灸治療で改善していくのか?  ホームページ限定特典 

根治整体療法 15,000円 (初検料込み)のところを、ホームページをご覧になってご予約して下さった方には、、、

しかも、、1日1名様限定ですが

 

前回からの続きになります!

4.「不要なものを排泄する」

体は、食事などでものを吸収する以外に、呼吸や大小便など、体から様々なものを排泄しています。アトピー症状で悩む多くの方は、排泄器官が適切に機能していない場合が多いです。特に汗をかけない、便通が悪いなど共通した症状が見られます。出すべきところから出す。これができればアトピーは必要なくなります。

アトピー症状は、残念ながら受け身では改善できません。いくら施術をしても、暴飲暴食などの不摂生をしては内臓に負担がかかるだけでなく、アトピー症状をさらに悪化せることにもなりかねません。アトピーは、症状改善の学習過程で克服していくものです。そして、そのカギを握るのが体への「気づき」です。

 

5.「体の反応」

アトピーを治療していくと、身体に変化が出てきます。体の体力がついてくるとアトピー症状の出方が変わります。体力とは、「自然治癒力」や「体液循環」を指します。アトピー症状は、体力が弱ると、地図状の湿疹や発赤になり、かゆみも一度痒くなったらなかなか引きにくいです。体力がついてくると、ニキビや吹き出物のようにポツポツとした出方になり、スキンケアなどでも十分にケア対処できるようになります。体力がつくと「変わりやすい症状」になります。反対に体力が落ちてくると「変わりにくい症状」になってきます。さらに体力もおちて長期化して悪化すると、皮膚の肥厚や色素沈着などの「慢性化した症状」へ移行します。他にもアトピー症状の治療をしていくと、一過性に症状が出ることもあります。それは、体力が付いたから出てきた場合と考えておりますので、ビックリされないようになさってください。

6.「治療の流れ」

アトピー症状は、症状改善する学習過程で克服していくものです。自分自身の体の変化に気づいて、コントロールできると、アトピー症状に依存しなくなります。自分自身が健康になることで、家族や周りの人へ、アドバイスできる知識や手段を得ることができます。あなたが健康になることで、もし大切な人が困っているときに手を差し伸べることができます。そんな健康のアドバイザーになっていただくことが、当院の目指しているゴールです。

これから数回かけてアトピー改善に必要な情報をお話ししていきます。

まずは、該当することをやって行動することが、アトピーを克服する第一歩です。踏み出した一歩を私は応援いたします。

産後の骨盤矯正や肩こり・慢性腰痛、ヘルニア・坐骨神経痛に根治整体療法を!!

↓↓お客様のお喜びの声↓↓

 

伊丹市の整体とエステならTalent
http://www.talent-itami.com/
072-772-5535

アトピー整体治療① 

これからアトピー改善に必要な健康法や食事法などの情報をお伝えしていきますので、宜しくお願い致します。

◎アトピーが改善できる理由  ~体が変わる過程~

 

 

※アトピー整体をはじめ2ヶ月(3回の施術)。現在加療中。

なぜ?アトピーが、当院の根治整体療法整体・鍼灸治療で改善していくのか?  ホームページ限定特典 

全身整体 11,000円 (初検料込み)のところを、ホームページをご覧になってご来院して下さった方には、、、

 

 

しかも、、1日1名様限定ですが

 

 当院のお伝えする内容は、あるいみ常識離れした内容です。情報のあふれる中で、いつの間にか多数派が常識となっていますが、改善しない人が多いのも事実です。私たちが提供する内容は、現実にアトピーが改善したリアルな内容をお届けしております。 アトピーに良いと聞いて、試しては改善できなくて長引かせている方を多く見てきました。消費者が情報を求める時代から正しいものを選択する知識が必要な時代になってきています。

1.「アトピーが出る理由」

アトピー症状は、体から不要なものを排泄する「解毒」として作用しています。離乳食を始めたばかりの子供は、消化不良で食べたものを腸管が異物としてみなし、アレルギー反応を引き起こし、アトピー症状を出しています。一人暮らしをすると悪化するタイプは、あぶらの摂取の仕方に問題があります。アトピー症状が悪いものではなく、アトピー症状を必要とする環境が問題なのです。

2.「アトピー改善に必要なこと」

アトピー治療で必要なことがあります。それは①不要なものを入れない②不要なものを処理できる③不要なものを排泄する(下図参照)。私はこれをアトピー治療の3原則と私は言っています。施術は治療のうちの1つの手段でしかありません。アトピー症状は急に起こるものでもありません。小さなことの積み重ねで、アトピー症状が必要となり、起こることが多いです。だからこそ、体の内外の環境を整えることで、アトピー症状を必要としない体へ変わることもできるのです。

3.「不要なものを入れない」

アレルギー反応は、体から異物を排除する、生きるために必要なシステムの一つです。体にとって有害なものや吸収できない不要なものを摂取しないことが、アレルギー反応を抑えることにつながります。離乳食を始めたばかりですと、咬むことが少ないために、唾液の分泌不全で消化酵素がうまく出ず、消化不良になりやすいです。そのため本来、体にとって必要な栄養も消化できないために異物とみなされ、アレルギー症状が起こることもあります。問題は、摂取した「食べ物」ではなく、「食べ方」に原因があります。 「不要なものを溜めない」 食べたものは、口や胃などの消化器を通過して、腸管で吸収されます。次に吸収されたものは、肝臓をはじめとする内臓で解毒処理をされることで、体にとって使える形になり、血液として全身の細胞へ行き渡ります。もし、この過程で異物がこれらの処理を免れて、血液中に入ってしまった場合は、蕁麻疹として皮膚から排泄されます。アトピー症状もこの反応に近いです。内臓の機能が十分に発揮できる状態であれば、アトピー症状が出ずに済みます。

少し長くなってしまったので、今日はこれ位に致します。

次回は続きですが、「不要なものを排泄する」についてみていきたいと思います。

 

その他、産後の骨盤矯正や肩こり・慢性腰痛、ヘルニア・坐骨神経痛に根治整体療法を!!

↓↓お客様のお喜びの声↓↓

 

 

伊丹市の整体とエステならTalent
http://www.talent-itami.com/
072-772-5535