腱鞘炎・手首の痛み 伊丹市の整体

伊丹市で肩こりと腰痛でお困りの方は、効果実証済みの整体 & エステが受けられる、クリニカルサロン Talentへ☆

腱鞘炎・手首の痛み

症状
関節を動かすのは筋肉です。
筋肉が骨につっくつ際には腱というものになります(ふくらはぎの筋肉が踵の骨にくっつくときにアキレス腱になります)。
これらの腱は腱鞘というトンネルを通っています。
この腱鞘と腱の間に炎症が起こるのが腱鞘炎です。

症状

・指や手首の使用中の不快感 

・瞬間的に痛みが走るが、次の瞬間痛みが消えていることがある 

・痛い箇所はあるものの具体的にどこが痛いのかわからない

腱鞘炎は2つのタイプに大きく分かれます。

①弾発指(ばね指)・・・指の腱鞘炎。
指を曲げる筋肉(屈筋腱)に炎症が起こる。
症状としては指を曲げにくくなる、伸ばそうとするときに引っかかる、曲がったまま伸びないなどで熱が出たりすることもある。

・ドゥケルバン腱鞘炎・・・手首の腱鞘炎。手首の親指側の腱鞘と腱の間の炎症が起こる。
親指を動かす際に痛みが出る。

どちらが多いかというと、弾発指の方のほうが多いです!

原因
最近ではパソコンやスマホで指を酷使することで増えています。
他にも手指を使う楽器奏者や美容師などの仕事や子供を抱っこしなければならない母親にも多く見られます。
ストレスで腱鞘炎になることもあります。

起こってしまった時の対処法
安静にすることが1番です。
反対で抱っこしたりなどなるべく痛い部位を使わないようにする工夫が必要です。

予防
腱鞘炎が起こる1番の原因はやはり指の使いすぎです。
同じ指に対する継続的な負荷は避ける必要があります。
ただ、指の使い過ぎでも血流が良ければ腱鞘炎にならないこともあります。
指をストレッチしたり、筋肉をマッサージして疲労を防ぐのも重要なのです。

 ≪お客様の喜びの声≫IMG_5381

伊丹市の慢性腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛、整体ならTalent
http://www.talent-itami.com/
tel:072-772-5535